競合する他者に勝つ飲食店|開業する際に得るべき情報

レディ

アジアからが9割

ビル

今や外国人観光客は年々多くなっており、特にアジア諸国からの訪日者は年間2000万人に迫ろうとしています。インバウンド需要が高まる中、中国人観光客の数は、かなり多くなっています。中国経済やビザ緩和などの社会的な背景が理由になっています。

もっと読む

業務用のアイテムなら

食器

業務用食器を扱うお店を利用している業種としてホテルや旅館、そして飲食店があります。これらの業種では食器を大量に扱うこともあり、一度にまとめ買いをすることにより見積もりを安く出してもらうことができます。

もっと読む

競合が多い業種

お店

大手に負けない店づくり

飲食店ビジネスは比較的開業しやすい業種になります。需要が多いこともあり、多くの飲食店が開業されています。しかし最近では大手チェーンなどの進出が相次ぎ、新規で開業してもその半数以上は数年以内に閉店せざるを得ないのが現状になっています。飲食店を開業するには、事前のマーケティングと店舗の目的や方針を固めておくことが大事なポイントです。大手チェーンと同じ内容では、集客量のある大手チェーン店に客は吸い込まれていきます。そのため、大手にはできない独特の方針wの打ち出す必要が経営戦略要素になります。飲食店と一言で言ってもその種類は数多くあります。何をコンセプトとして飲食店を開業するのかを明確にしておくことが第一のポイントになります。

戦略と工夫が必要

次に経営を軌道に乗せるための試算をしっかりと行う事です。基本的な売上の計算方法は、客単価と客数を掛け合わせたものになります。こちらにウェイトを置くのかは店の方針にもよりますが、大手チェーンに対抗するためには、客単価の引き下げをすることも方法の一つになります。その場合、回転率を向上させるなどして客数を多くしなければ採算が取れません。そのため、座席の配置を変化させたりすることで回転率の操作を行う工夫などが必要になります。喫茶店など回転率を向上させることが難しい場合には、大手以上のくつろぎの場所を提供するなどリピーターを多くすることも手法の一つです。飲食店の売上の8割は、2割のリピーターによって支えられているのです。

協力者が居ると便利

ビル

香港での会社設立が人気となってきています。そのためには、経営支援をしてくれる会社を味方につけましょう。その方がスムーズにいきます。現地スタッフの採用もお勧めです。どんなものが流行っているのか、リサーチもしましょう。

もっと読む